試験の流れについて | 韓国語を勉強する際は、ハングルの基礎を押さえましょう

韓国語を勉強する際は、ハングルの基礎を押さえましょう

英語

試験の流れについて

女の人

日本語教師になりたい人は、日本語教育能力検定を受けましょう。この検定は、これから日本語教師になりたい方やすでに日本語教師をしている方のための検定です。受験する際には、学歴や年齢は関係なく受けることができます。この試験は、公務員試験などの公的な試験ではありませんが、日本語教師として働くためには、持っておいて損はない検定になります。試験日は、一年に一回行われます。ですので、試験日に合わせてしっかり勉強しておきましょう。試験の流れとしては、3部構成で行われていて、最初に日本語の基礎的な問題が出されます。次に、日本語の聞き取り問題を行います。聞き取り問題以外の回答は、マークシートを使用して問題を解いていきます。日本語教育能力検定試験は、日本語の文法や語学力などの知識はもちろんのこと、心理学や歴史まで幅広い項目が試験の中に含まれているので、簡単に受かることができない試験内容になっています。しかし、日本語教育能力検定試験に向けて、項目ごとに試験対策を行うことで、合格に近づいていきます。日本語教育能力検定試験を受ける人は様々いますが、短期間に対策勉強をしたい方は、学校での受験対策講座を受ける方法があります。この方法は、受講料金が発生しますが、2か月から3か月で対策講座が終了します。独学で勉強することも可能ですが、自分に合った勉強法を探し、試験までの期間でどのように勉強を進めるのか考えなければなりません。どんな勉強法でも試験合格のためには強い意志が必要です。