韓国語を勉強する際は、ハングルの基礎を押さえましょう

男女

メニュー

スキルを身につけよう

レディー

英会話教室に行く前に、聞き取りや文法について勉強しておくと、英語を話す際にスムーズに言葉がでてきます。様々な勉強方法がありますが、自分に合った勉強法が上達には一番です。

詳しくはこちら

失敗しないスクール選び

ウーマン

宇都宮にはさまざまな英会話教室がありますが、実際にどこの英会話教室を選べばよいのかわかりません。ですので、授業風景や雰囲気がよい英会話教室を選んで、楽しく英会話を学びましょう。

詳しくはこちら

試験の流れについて

女の人

日本語教育能力検定試験を受ける際は、あらかじめ試験内容や、勉強方法について考えておきましょう。そうすることによって、日本語教育能力試験合格への道が見えてきます。

詳しくはこちら

習得方法について

勉強する人

韓国語を勉強するにあたって、まずはじめにハングルが読めないとそこから先の勉強ができません。ハングルは、一見すると暗号のように見えますが、ちゃんと母音と子音の役割をそれぞれ持っています。母音と子音だけのハングルは、簡単に覚えることができますが、そこにパッチムという発音に大切なものが入ると少し難しくなります。ハングルを覚えるためには、ひたすら暗記するしかありませんが、暗記する時に使用する教材がよいものであれば効率的に短期間で覚えることができます。使用する教材はハングル文字に特化した教材を使用すると、文法などのいらない情報がないので集中して勉強することができます。そういった教材を使えば、早くて3日でハングルを読めるようになります。韓国語を勉強する前に、ハングルの基礎をしっかり学んでおきましょう。ハングルをマスターしたら、次は韓国語の単語を覚えましょう。単語の勉強は、繰り返しの勉強になりますが、文章の中で単語を覚えるとよいです。韓国語の文法は日本語の文法と似ているので、覚えるのはそんなに難しくないです。単語や文章の流れが身についたら、教材CDを聞きましょう。CDを聞くことで、発音の勉強になります。発音の中には、日本語では発音することのない音もあるので、発音できるように聞きながら、実際に発音してみるとよいです。韓国語教材のCDは、ゆっくり発音が聞き取りやすいようにしているので、ある程度発音を聞き取れるようになったら、実際の会話の速さで聞き取りができるか、韓国語ドラマを見て確認してみましょう。